領土戦の周回速度を最大化するためのTips集

この記事では、これから将軍・大将軍を目指すといった方に向けて、領土戦の周回速度を最大化するためのTipsを共有しています。また、できるだけ情報格差をなくし、領土戦においてはランク差以外の差がうまれないできるだけ平等なランキング戦となることを願って、筆者が集積してきた情報を公開します。限られた方にしか参考にならない情報ではありますが、自分だけのオリジナルのパテを組むなど領土戦の周回を楽しむための新たな視点のひとつにしてもらえれば幸いです❗️

特攻武将がすべてではない

領土戦の周回は特攻武将ですべて揃えるのが有利だと考えられている方が多いですが、実はそんなことはありません🤫

ナナフラのランキング戦を見渡せば、そこには必ず特攻外のバッファー武将が用いられています。その目的は、特攻武将のDPSを最大化することであり、これは領土戦の周回においても例外ではなく、DPSが高ければ高いほど周回でのPvP戦において速くて・負けないパテを編成することができます❗️

次の2枚の画像はどちらも筆者が大将軍をとったときのパテ編成ですが、一枚目は特攻の弓武将の成恢を、二枚目は星7援武将の李牧と星7弓武将の媧燐を最大強化するために特効外からバッファー武将を採用しました❗️

攻撃範囲が広い武将のDPSを最大限に高められる編成

このときに重要な考えとなるのは、特攻の弓武将や援武将といった攻撃範囲が広い武将のDPSを開戦時から最大限に高められる編成にすることです。攻撃範囲の短い剣武将などのDPSを最大化しても、ほとんど意味はないので注意してください⚠️

領土戦の周回においては攻撃範囲の短い武将は、その武将にヘイトが集まり集中砲火を浴びて、そうそうに亡くなってしまうことが多々あるため、楯役になる以外の使い道はほぼありません🤕

対して、攻撃範囲の広い弓武将や援武将は、開戦時からほとんど間合いを詰める必要もなく敵軍との距離をとりながら攻撃し続けることができます❗️最も近くの武将に対してだけ攻撃を仕掛けてくる単純AIを相手にするPvP戦においては非常に生存率の高い武器種となっており、これら攻撃範囲が広い武将のDPSを最大限に高められるバッファー武将を用いることを軸にしてみましょう👍

上記の援春申君大将の場合であれば、開戦時から援春申君の確定挑発で開眼呉慶の個人技能が発動し攻撃力1.4倍、支援でさらに攻撃力1.3倍のあわせて1.82倍も強くなった成恢によって、他のプレイヤーよりも効率よく周回することできました❗️

援昭王大将の場合であれば、開戦時から援昭王の大将技能で星7李牧と星7媧燐の攻撃速度を倍化させて、2倍強くなった星7李牧と星7媧燐によって、他のプレイヤーよりも効率よく周回することできました❗️

もちろんこのとき1枠は特攻外の武将を用いたことで、特攻倍率1.5倍を捨てていることにはなります😢
ですが、他のプレイヤーが5戦している間に6戦することができるぐらい戦闘時間を効率化できていれば、その特攻倍率分をペイして、なおかつまだお釣りがでることを意味します🥳

だいたいその目安としては、特攻武将だけで編成する場合よりも攻撃範囲が広い武将のDPSを1.5倍以上にすることができるのであれば、そのぐらいの時短効果の採用価値があると考えれば良いでしょう☝️

特攻外からLv1枠を採用することで特攻武将のLvをあげられる

これは将軍・大将軍を目指すといった方に向けた話なので、周回するにあたってLv1の武将を編成しておく必要がある云々の話は割愛しますが、領土戦のあるサイクルでは、いつも誰をLv1にしようか悩みますよね🤔

特攻外からLv1枠を採用すれば、そんな悩みからも解放されます😇
そして、特攻武将の中から誰をLv1にしていたかでついてしまう差もなくすことができるというのが非常に大きな点です❗️
特攻外からLv1を採用する選択肢をとることができれば、特攻武将のLvは全員あげてしまえるからです❗️

先に話した通り、PvP戦の周回において強いのは、攻撃範囲が広い武将であり、その特攻武将をLv1にしなければならない選択肢しかとれない場合は、大損をしてしまいます🤕
先の星7媧燐の例であれば、星7媧燐をLv1にして通常を回していたプレイヤーと、星7媧燐をLv80にしてさらに攻撃速度を倍化させていたプレイヤーとの星7媧燐のDPSを比べるとなると、その差は実に開戦時で8倍ぐらいになります🙈

これは周回だけでなく、攻城戦・城壁兵戦においても特攻武将をLv1のままにしているプレイヤーよりも安定性・獲得できるポイントの面で大きなアドバンテージを生み出します💪

パテの可能性を拡げ、選択ミスをなくし、攻城戦・城壁兵戦においても安定性・獲得できるポイントを増やすことができれば、他のプレイヤーと比べて自ずとそのプレイヤーが圧倒的優位に立つのは必然です🤫

採用候補となるのは開戦時から発動するバフであること

特攻外からLv1のバッファー武将を用いるのであれば、次のような武将たちが現時点では採用候補にあがってくるでしょう☝️

  • 援昭王 : 大将技能で智属性の攻撃速度倍化 & 個人技能で秦国武将の攻撃力1.2倍アップ
  • 援公孫龍 : 支援で攻撃速度倍化 & 個人技能で移動速度と会心率アップ
  • 援春申君 : 支援で攻撃力1.3倍アップ & 大将技能で敵騎馬確定挑発し被害無効の楯役になれることで自軍前線が無双の大活躍
  • 鬼春申君 : 大将技能で必中付与 & 個人技能と合わせて攻撃速度1.4倍〜アップ
  • 星7媧燐 : 個人技能で攻撃力1.5倍アップ

これらの武将をLv1でおいておくことは、将来的に領土戦の将軍・大将軍を目指すにあたって、きっと大きなアドバンテージとなるはずです❗️ただ、確実に他のランキング戦では犠牲をつくることにもなるので、どうしても領土戦で獲りたいっていう方推奨になります😂

覚醒技能はかなり使える

覚醒技能を周回で使うとなると、敵を吹き飛ばしてしまうため、逆に遅くなってしまうイメージをもたれることが多いですが、決してそんなことはありません❗️
覚醒技能を発動すると、自軍全体に移動速度アップが付与できるので、場合によってはより速く戦闘を終えられることがあります☝️

特異な例も含みますが4周年特別領土戦の霜降りの戦いでは、覚醒を開戦時に発動しておくだけで最大で周回速度を1.2倍にすることができたので、その一例を紹介しておきます🤗

敵の選別が不要で必勝になる

今後、4周年特別領土戦の霜降りの戦いと同じように任意で回避&必中と被害無効&被害無効貫通を付与できるような覚醒状態が用意されることはないでしょうが、類似の覚醒技能を持ち合わせた特攻武将が用意されている回に当たった場合は、開戦時に覚醒技能を必ず発動するようにしてみましょう🙆‍♂️

大将が星7嬴政・開眼輪虎・援紫夏の場合や、鬼松左や副官医師団がいる場合に被害無効がついてしまうと、戦闘時間を長引かせる上、下手をすると負けてしまいます😢

このとき、王賁は覚醒で自軍全体に被害無効&被害無効貫通が付与でき、蒙恬は回避&必中を付与できたので、基本的には王賁の覚醒を毎回発動するようにしておき、回避をもっている武将がいるというときだけ蒙恬の覚醒技能を発動するように出しわけをすることで、どんな敵との戦闘も10秒以内で効率よく周回することができました❗️

被害無効に貫通
回避に必中

たとえば、敵軍が必殺即撃部隊であろうとも、覚醒発動で自軍に任意のタイミングで被害無効が付与できる回であれば、負けることがないので敵を選びなおす手間も省けます☝️
相手がナナフラ最強の王騎軍だろうが、なんだろうがおかまいなしです😇

宝物庫が自動で獲れる

戦闘をいちいち止めて、宝物庫にターゲットを変更していたのでは、将軍・大将軍を目指すような周回においてはとっても非効率です🤢

そこで、覚醒を発動することによって、敵の前線を押し下げることで、最初にターゲットしていた最前線の敵を倒すと、宝物庫に自動的にターゲットを切り替えることができるようになります❗️

特攻武将サイクルに覚醒武将がいる開催回では、覚醒を発動するだけで自動的に宝物庫を獲りきってくれるので、覚醒の技能効果内容を問はず積極的に使ってみるようにしましょう✨

その他雑多な関連Tips

大将のDPSが敵の強さに比例しやすい

上記画像を見てもらうと、どちらも大将は特攻外のLv1にしています。このとき、大将の副官もLv1にして、丸型や菱形の章も装備させないようにして、大将のDPSを弱めにしておくと、出現する敵が弱くなる傾向があります❗️

出現する敵が弱いというのは、限界突破が未熟だったり、即撃部隊などのややこしい敵がほとんど出現しないことを意味します❗️

これは裏技というより、単純なゲーム仕様です🤔

はじめたばかりのLvが低い弱い編成しかできないプレイヤーに対して強い敵が出現しても、勝てるはずもなく、なにも楽しくありませんよね😂
なので必然的にプレイヤーが一つ前に戦闘を終えたパテに組んでいるDPSをもとに、出現する敵の強さが上下する仕様になっています❗️

中でも大将のDPSが最も反映されやすくなっていて、大将をLv1の星1武将などにしていると、あきらかに弱い敵しか出現しなくなります☝️

弱い敵しか出現しなければ、当然負けることがないので、効率よく周回することに結びつけられます❗️
次の画像の通り、限界突破も未熟な弱い敵ばかりながら、自身の武功ランクに紐づいた最大ポイントの敵だけが出現します✨

ですが、あまりにもDPSを下げすぎると、今度はプレイヤーの武功ランクに応じた最大点数の敵が出現しなくなる諸刃の面があるので、どこまで大将のDPSを下げるかのさじ加減が非常に難しいです🤕

そのため、個人的にはこれについてはあまり気にしないで取り組まれることをオススメしています🤗

星5以下武将は組み込まないこと

星6特攻武将が4人、星5特攻武将が1人のような開催回も過去には何度かありました❗️

このとき星5特攻武将を組み込んでいると、プレイヤーの武功ランクに応じた最大点数の敵が出現しなくなり、低めの点数の敵しか出現しなくなりました🤕

これもゲーム仕様のようで、編成している部隊に星の数の少ない武将がいると、最大点数が下がるようになっているようです😢

この場合は、特攻武将がすべてではないということを先述してきたように、特攻の星5武将をいれておくよりも、特攻外の星6武将をいれたほうが圧倒的に良いです❗️

特攻外のLv1の非力さ故に確定混乱の受け役にもなれる

特攻外からLv1の武将を採用しておくことで、開眼黒桜のように開戦時にもっとも近くにいる武将に確定混乱といった凶悪なデバフを付与してくる敵がいた場合にも役立ちます🤗

味方特攻武将が混乱してしまうと自軍武将たちを次から次へとバッサバッサと殺めてしまい、負けてしまうことがよく起こりえます。現在は開眼黒桜だけですが、今後、その類の武将が、増えてくると非常にやっかいであり、それらのデバフの受け役を考えておく必要があります🤕

そんなときにも、非力な特攻外のLv1武将が楯となってデバフを受けてくれれば、自軍部隊は安全に立ち回ることができるというわけです😌

領土戦関連参考情報

メール通知
タイミング
2 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

領土を頑張る事は今後もないですが、いつもめちゃくちゃ読みやすい記事だというところに感激しております
いつも参考にさせてもらっています、ありがとうございます

最新情報はこちら